2019年02月26日
頑張っている人へ
今日は珍しい経験のことを書いてみたいと思います。

今から33年前、臨死体験と言われること

を、体験しました。

ちょうど娘が生まれた後のことです。

そのとき何があったかは、またコンサート

などで機会があったらまたお話しするとして

今日はきもだけ。(笑)

体に戻ってきたときに、(宇宙から?)メッセージを

受け取ったのです

多分ほとんどの人がそれぞれ受け取る

ようですよ。

当時の私は、自分をさておき

人の為に何かすることが美徳

と思っていた青いところがありましたけど

そういう頑張っている人がこの記事を読んでいてくれたら

うれしいな。

で、その「きも」とは何か?

まず、自分の好きなこと、やりたいことをする。

(今でいうわくわくですかね)

それで、人のためになることをする

それは、1枚の紙の表裏みたいな感じなんです。

そして、最近もう1つ。自分のできることで。

ですから、3つの(輪)和の真ん中のことを

意識して、今は日々を送っていますが

優先する順番は、書いた通りです。

もう頑張らなくていいように

「ふんわり、ここちよく」って書いて

私は楽しんでます。


でも、まだ頑張っちゃう人がいたら

メメント・モリ(死をおもえ)。

いつその時が来ても

大丈夫なように、今今いましょう。



不思議ですけど

それが、(つまり自分を大切にすること)が

人の為だったり

周りの地域や、もっと広い世界の為に

繋がっている気がします。

つまり、自分への思いやり

がすべてへの思いやりの源泉みたいな



それぞれに

自分の信じることがあるわけですが

私は、こんな経験をして

こんな風に生きています

という1例として・・・


終わりまで読んでくださって

ありがとうございました。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています