2012年07月24日
心地いいアンサンブル

日曜日はいつもの場所でない練習所でアンサンブル
光る芝生に向かって椅子を並べました

自然が近くにある場所で演奏するというのは、気持ちがいいことですね。

練習の成果のあった人も、ボロボロだった人も反省材料は沢山あったのでは?

いつも、自分は最高の先生です。自分の音をどうか客観的にレコーダーなどで聴いて
確かめてみてください。
それと、感情的にならずに淡々と拍をとることは、日常生活に生かせます。
怒りや不安から少し解放されるから。
メトロノームとお友達になって拍の練習をすることで、気持ちが落ち着くこともあるかもしれません。

楽しかったという、皆さんの声に元気を戴いているのと同時に
私もまた楽しませてくださいねという気持ちです。

アンサンブルの気持ちよさは、なかなか言葉でお伝えできないものです。
そのためにも自分の足で立つということ、つまり自分のパートは責任を持って
弾きこなしておくということをお忘れなく。
この際他人への依存心も克服していきましょう。

自分の心地よさのためと、皆の心地よさのためにできること・・・・
そんなことに思いを馳せてみたりしています。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています