2019年11月26日
子供の心

少し前に、1輪のバラの花

をゴージャスと言ってくれた生徒さんのことを書きましたが

数日前に夕焼けが美しくて、金色になっていたことで

思い出した小学生のころの思い出を書きたいと思います。



恐らく夕方だったと思うのですが、その日

信州のとあるキリスト教会の側で遊んでいた私は

窓から中を覗いたんですね

すると、何もかもが金色でできているように

金色に光って見えたんです

中には誰もいなかったんですが・・・・

本当にびっくりしましたし、なぜ大人たちが

金が高価というのか不思議でした

ふんだんに全部が金色に見えたわけですから

今から思えば、夕焼けで金色に

光っていたのだろうと想像できますが


随分昔の事なのに

ずっと忘れない思い出です


金色の光とか、曇りの無い氷とか・・・

そういうものに囲まれて

神話のような時間を過ごして

いた気がします







2019112622404326380.jpg

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています