2010年10月02日
待つこと
先日の発表会で、待つことの大切さを教えられました。
どういうことかと言うと、段取りの関係で2,30分ほど早まった自分たちの発表の出番の時、
すでに内幕が閉まって舞台に私たちは入っているスタンバイ状態だったんですが、
時間が早まっていることを告げるために、遅れて来たメンバーをホールで待っていた大学生の生徒さんがいたんですね。

だから、2人ともチューニング無しで演奏したんですが・・・・(楽屋以外の音だしが禁止だったから)
演奏の出来はともかくも、よくそこまで待っていたなあと。

どこで見切りをつけるのかが難しいとこですが。
相手を思いやって待てる・・・・というのはなかなかできないことですね。

最期の1人と一緒にはいる。
たまにありますよね、本番前トイレから出てこなくて遅れたり・・・・

ともかくももう少し段取り良くできるよう、次に備えたいものです。初出演での失敗ですが
きらっと光るものもありました。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています