2014年06月11日
黒子的のはずが・・・

クラッシックから音楽をしている私にとって驚くのは

ポッピュラーやジャズの演奏者の方たちが、楽譜を見ないことですが

アレンジも即興でしてしまう人も居ます。

どうアレンジ付けようかな〜〜なんて考える間もなく付けてしまって

色んなハーモニーが付けられるって楽しいでしょうね〜凄いです

私も少しづつ試してみているのですが、自然につけられるのは天性のものがあるのでしょう

ギター。バイオリン。打楽器。ピアノ・・・・

クラッシックのよさ、ポピュラーミュージックのよさ、どちらも素晴らしい才能をもった方たち

に支えて頂いて演奏する機会が増えました。

ご一緒する方たちは、皆さん慣れていて安心ですが。

たまに映像などで撮っていただくこともあると、照れますねえ

ヴァイオリンの先生、リトミックの先生って黒子的な存在だと思ってました。

これもまた楽しんで・・・・

本番の服装などもまちまちで、クラッシックとライブっぽいのは全然違いますし

面白いですね・・・

何でも楽しんでしまいましょかと思います。









 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています