2016年02月29日
温かいコンサート

お蔭様で、サンリヴァーさんでの演奏も無事終わり

それぞれポジティブな感想と、皆様のご好評

を胸に、また前向きな精進と新曲への

チャレンジへと向かっております。

大変楽しませていただきまして、ありがとうございました。

次のコンサートは私のヴォイスと作曲の世界

を、トラップクラブとお仲間に手伝ってもらって

皆さんと楽しみたいと思います。

3月19日(土)1時半〜ヴォイスとギターとヴァイオリンのコンサート


一宮市音羽1−6−5「珈琲いわた」にて

ギター     エリック倉地

ヴァイオリン  ブライアン堀尾

と私    

懐かしいアグネスの名前で。(丁度ターシャ テューダ生誕90周年、愛知万博出演のころ)

恐らく、皆が懐かしくて

温かいコンサートになる   はず。


何かとってもシンクロが多いこの流れですものね。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月14日
老人施設での演奏

特別養護老人ホームサンリバーにて2月21日(日)春祭りのイベントに、

参加させて戴きます。場所は  木曽川町里小牧笹原148
CIMG2268.jpg
2部制の演奏プラス
ウェルネスで心安らぐ演奏です。







素敵なポスターを作っていただきました。







いつも通りに弾けるといいですね。

少し個別に演奏する時間もあり、皆さんと音楽での温かいふれあいが楽しみ。

今日のアンサンブルでは何を着ていこうかと、話が盛り上がりました。

皆さんに楽しんで戴けるのが1番ですね。

「この曲を〜〜〜」ああしようこうしよう・・・・みんなの意見も沢山出てよかったね。


サンリバーの皆さん。初めてですが宜しくお願い致します。




 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月13日
雪の日にずっとやってみたかったこと

ターシャ テューダの写真の付いた本に載っていた天使の作りかた。

雪の日に作ってみました。

201602131845188758.jpg少しもわかりません









201602131850248728.jpg雪の上で

手足をpatapata動かします

スマイルにも見えます








空に帰った天使に見えたかな?

ありがとう

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月10日
地に足を付け、そしてずっと輝こう

今日はまた導かれたような日

煌めきをテーマに生きる人は

おんなじ人同士で

出会うんでしょうか?

大好きなマゼンダー色とキラキラの小物

いいですね

よかったなと思えるそんな時

目に見えないところに

沢山の応援が感じられて

喜びから

また、ヴァイオリンが弾きたくなるんですね


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月10日
表現はいつも愉しいことを生みます
生きることは歩くこと

そんな風にやってきました

ほどほどにしらんせいよ

という東北弁が

ほどほどにがんばりなさいよ

という意味と知って

いい言葉だな〜と思っています

代わり映えのない毎日の中に

光・・。希望の。は沢山あって

丁寧に今を生きていないとそれが

見えてません。

私たちにできることはきっと

今日という日を心地よく整えて

生きるということでしょう

大切なのは

自分で自分を癒すこと、整えること

ヴァイオリンの音は自分を整えることを

いつも教えてくれます

好きなことをして自分を整えましょう

詩を書いたり・音楽したり・陶芸・編み物・・・・

表現するって素敵なことですね


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月09日
チクチク・・・細かい作業が好き

最近手作りのものを創っています。

例えばカラフルな布団カバー

針でチクチク・・・・

こんなささやかなことが

楽しいんですね

子供たちを遊ばせながら

チクチクとか

手作りのある日常は

穏やかです

そしてワクワク

偶然の一致が妙に多い

毎日ワクワク魂が喜ぶことは何かな?

何て暢気な時間が必要なんですよ

もう頑張らないよ私

頑張る人は私を置いて先に行ってくださいませ〜〜

子供たちと一緒にいるとゆっくりできて

幸せなんですね

バイオリンもそうですね

そして、手作り。何だかいろんなものが創りたくって

楽しいんですよ。

自然素材のものにいろいろ変えて、

手に触れるもの

楽しみましょ


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2016年02月07日
立春は旧のお正月
最近、色んなことが続いててちょっとお疲れ気味。

それでも、小さな生徒さん達が元気と

ワクワクを持ってやって来てくれると

小さな喜びで嬉しくなります。

確か3年程前作った詩。

「飛天の時」    by 真結

伸ばした 両手で

闇の中を紡いだ

光って揺れながら 漂う音たち

あなたの 涙のその訳 知らないまま

今そっと この歌を 風に載せて贈ろう

まどろみの日々は過ぎ

時を超えて煌めく

光満ちてあふれる 空に山々に大地に

悲しみ隠したその翼を開いて

飛び立つあなたの愛と喜びと共に

今まさに、just  do it

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています