2015年04月30日
声を開放しましょう

ハワイの声のヒーラー?シャーマン?さんに会いに行くという事で

友人達と共に大阪に・・・・

音と声というのは私のライフスタイルの1つで

大体あちら側からそういう機会がやって来ます。

個人的なお話はできなかったのですが、

一生懸命語ってくれて、通訳さんを通じて

皆さんと共に色々教えて戴きました。

声も音もどんどん自由に表現していきたいものです。

いろんな感情を手放すためにも、大切ですよね。

声もヴァイオリンも感情を表現するのにとてもいいものです。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年04月28日
いい天気でよかったです

高齢者施設にて、皆で弾いてまいりました。
中庭で弾いた初めてのケース。風もあり譜面台が倒れ掛かりましたが

皆さんの協力のもと、お蔭様で最後まで弾き終えることが出来ました。

お天気も良くてよかったですね。

ゆっくり生きて、少し止まって。・・・・高齢者の方から

学ぶことが沢山ありそうです。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年04月20日
音に気持ちが載って届くのですね

友人が、車に乗るのがストレスと言っていたのですが

そういえば、自分も電気系統に弱く

最近アコースティックな演奏が多いのです。

鳥さんがなんてしゃべってるかな?

とか

樹の中の音は?

なんて普段自然音を聞いていると、子供たちとの会話には困りませんが

アンプを通した大音量の音に脳がびっくり。

どうしたんかいな?と不思議に思います。

お耳をふさいで失礼があったら、すみません。


昨年12月25日クリスマスにお金を拾いラッキー。

先日警察の落し物係に行ってまいりました。

その証明を写真でここに載せるのもどうかと・・・・

その時の封筒を大切にしてます。

「心掛けがよかったんだよ」

と言われ喜ぶ、素直に。



アンサンブル、高齢者施設にて弾くので

希望の家でリハーサル。うまくいきました。

色んなビジョンを感じながら演奏したら

聴いてる人に伝わったらしい。

どんな気持ちで弾くかが、大事のようですね。

光のようなキラキラで一杯な演奏がしたいです








 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年04月05日
樹の声を聴く

先日須甲隆重さんの朗読会を聴きに予約席に
行ってまいりました。
「樹への礼儀」という事をお話しくださいました。
私達もヴァイオリンという樹の声をどう表現するか、
精進しています。
先日のガイアシンフォニー8番と内容がリンクしてます。

CIMG1894.jpg
樹の精霊の声を聴く

「津波ヴァイオリン」製作者中沢宗幸さん






映画の中で沢山使われていたヒーリング音楽第1人者宮下冨実夫
さんとT氏のCD・・・たまたま生徒さんが私が聴くといいからと
貸してくれました。

T氏は私の友人のお兄様。友人とは森の中に入っては
鳥〜森〜と歌ってました。
何と、よみきかせの会で私の声に癒されたと
声をかけてくれたのがきっかけ
です。
それもこれも・・・すべては繋がっているように思えます。
私たちは樹の声を聴こうと自然の中に入っていくのが
好きな人間なんです。なんて・・・・おかしいですか?(ほほ)

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2015年04月02日
ガイアシンフォニー
CIMG1894.jpg

ガイアシンフォニー8番を名古屋で観てきました。

以前6番の時、岡崎の上映会では演奏させて頂いた

のが懐かしいです。ケリー・ヨストさんのピアノのように

弾いたらと、アドバイス受けたこともありましたっけ。

自分を表現するのはなかなか勇気のいることです。

以前は服装も地味にしていましたが、ずいぶん昔

派手すぎるとカバンの中に隠していた京都で買ったバラのブローチ

その、同じブローチを友人が

ショーウインドーからホイっと

私の前に差し出したことがありました。

それ以来、派手とか地味という枠を取ってしまいました。

そして、来てくださった方と自分の為に精一杯のオシャレを

楽しみます。自分に与えられた善いものを

恥ずかしがることなく表現していかなくては、

それは自分の使命という価値ある役目ですから。

(と言いつつ恥ずかしがってますが)

ガイアシンフォニー8番は世界的に活躍する

ヴァイオリン製作者とヴァイオリニストの

映画で、自分の仕事を振り返る機会を

与えてもらいました。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています