2013年08月31日
今後の予定

7月から始まりましたリトミック。好評につき、定期的に開催させていただくことになりました。
音楽の基本とリズム感を、0歳のころから自然に身に着けていきます。

無理のないゆっくりした時間の中で、お母さん同士の交流もあって楽しそうです。

次回は9月20日(金)10時から  1コイン500円です。岩倉市希望の家 研修室1




10月20日(日)午後2時〜ゆうゆうのやかたにて、TTC(太陽トラップクラブ)の演奏があります。
皆さんの温かい拍手のお蔭で、恥ずかしくて出演を渋っていた子供たちも随分たくましく演奏できるようになってまいりました。

ギター、キーボードと共にヴァイオリンアンサンブルは大人向けの曲中心で演奏させていただきます。
(入場料一般400円)

先日の演奏会ではゆうき君のMCが好評でした。人の前で話すことも随分慣れて、皆さんリラックスでしたね。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年08月24日
工作

最近は何となく出歩くことが多くて・・・

2013082417252724931.jpgある生徒さんのお母さんに誘われて、生徒さん数名とヴァイオリン店に行って作ってきたマスコットです。
ヴァイオリンの淵の装飾部分をつけるパフリングを、お店の方に教えてもらって付けました。

ほとんど遠足のノリ・・・・

カエル君の穴はちょっと痛そうでかわいそうです

紙やすり、トンカチなどを使います。




大人も夢中に。。。。
そして、工房の中も見せていただきました。製作者の方たちも気さくに質問に答えてくださいました。
時に子供ってとんでもない質問をするものですねえ。
お母さんも私も率直な質問の内容にちょっとドキドキ。

さてこのマスコットどこに付けようかしら?

なかなか愛着が湧いてしまうものです。

ヴァイオリンと同じ素材ということで、ついかわいがりたくなってしまいます。






 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年08月12日
とりとめなきこと

久しぶりに更新した記事を読んでみると・・・

私たちのことTTCって呼んでくださいと書きつつTTKなどとまた書いてみたり。
まあ私としたことが。。。。と書けるほどきっちり決まっているわけではなかったのですが。

そもそも太陽トラップクラブならSTCでしょう。

STC言いにくい。です

Tを太陽とするならクラブはKでしょう。

なんて、どっちでもよくなってまいりましたよ。

とりあえず、太陽トラップクラブはTTCということに。

で、TTCの先日のゆうゆうのやかたでの演奏について、ご感想を多数いただきありがとうございました。

10月にも演奏させていただくことになりました。今度は大人のメンバーを中心に皆さんからリクエストのあった中心に曲を選んで演奏したいと思っております。

ちびっこちゃん達から私も弾きたいです。という声がちらほら。

夏休み中何して過ごしているんでしょう?

最近日焼けが気になっています。バイオリンと日焼け・・・・ミスマッチですよね。
9月になったらこんがりトーストになった私が出来上がります。

リトミック、楽しませていただいています。楽しく子育て。と、ママと子供のためのリトミックですから日頃のストレスと運動不足から解放されましょう。



 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年08月04日
木への礼儀
2013080416522228997.jpg先日コンサートした予約席さんで7月にたまたまお会いした方

須甲隆重さん

暖かい木彫りの作品と、素晴らしい詩の作者で、以前からお会いしたいと思っていたら、グッドなタイミングでお会い出来ました。


木への礼儀についてなどのお話を聞かせていただきました。

ヴァイオリンという木への礼儀を怠りがちだったことに反省。
この楽器とも随分長いお付き合いをさせていただいてますが、今だその性質をつかめず
ただ、私の人生の中にいつの間にかやってきて、いつの間にか傍にいるというこの友達(?)
に、もう少し礼儀を持って大切に接していこうと思いました。


とても自然体で、ゆっくりお話になる須甲さん。奥の深いお話が聞けて良かったです。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2013年08月02日
雉と幸せの関係

最近自然の中を歩く機会が多いです。
周りは田舎とはいえ、近所で雉に出会ったことはないのですが、
ここ数年で、たまに雉に出会います。

時に道路の真ん中を歩いていたり

時に田んぼの中で見かけたり

またあるときには、公園で私の前を歩いて行ったり

そして今日はその公園で雉のひながすぐそばを歩いていました。

茶色くてハトほどの大きさでしたが

調べたら雉でした。

いづれも雉は臆病でスルスルっといなくなってしまったり

藪に入って行ったりで、モタモタしていて写メできてないのですが、
その内に雉とのツーショットをお目にかけたいと思います。

雉といえば桃太郎。何となくいいことがありそうで、雉に出会うと
1日気分がいいのです。

でも、道路を歩いていると少し驚きです。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています