2011年08月30日
白い恋人でなくて古い友人

京都の友人から、何年かぶりに電話が来ました。
数十年ぶりに会いに来るのだというのですが、楽しみです。
今年は、色んな事がありましたが、数十年振りの友人達とコンタクトをとることになった
年でもありました。

遠い場所から、友人たちが心をこめたメッセージや近況をくれるのが嬉しくて、
絆というものを感じる今日この頃です。

若かりし頃の自分に感謝したくなるほど、いい友人に恵まれていたんだなと
タイムスリップしています。
矢張り、持つべきものは善き友。素晴らしい財産ですね。

震災があって大切な物の優先順位が変わった人が多くなりつつあるようですが
私たちも何かが変わりつつあるようです。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年08月28日
「前へ・・・」
201108281543109993.jpg先日のゆうゆうの館でのトラップクラブ演奏の様子です。

まったりとした場所で癒されるにもかかわらず、沢山の年配の男性のお客様を前に、少々緊張しつつ演奏しております。

子供たちは、自然体ですね。

色々とお気づかいいただき、またアドバイス等聴かせていただきましてありがとうございました。

皆さんのお好きな曲、季節感のある曲なども弾けるように、レパートリーを増やしていこうと思います。
前回、控室から出てこなかった子も、今回は皆と合奏。レッスンにも自信を見せてくれました。

行事って、本当に子供を成長させてくれます。1山乗り越えた感ありです。
そして大人の我々も大きく成長する時のようです。
反省とそれから、困難を乗り越える強さをもう一度再確認しつつ・・・


関係者の皆様、お世話になりました。トラップクラブを代表してお礼申し上げます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年08月18日
ゆうゆうの館2回目演奏
8月21日(日)
ゆうゆうの館

1、ちょうちょ
2、こぎつね
3、メヌエット
4、見上げてごらん夜の星を
5、上を向いて歩こう
6、チェロ  ソロ
7、美女と野獣
8、アンダンテ・フェスティーボ
9、ふるさと

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年08月18日
外見と中身の違い

毎日暑いですが、お盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?
浜松市天竜川の船の事故では、楽しいはずの行楽が一転してしまいました。

昔から、天竜川は穏やかではあるけれど危険な川と言われてきましたが・・・
地元の人たちは、急な流れと急な深みの事を熟知していても子供たちには細心の注意をはらっていたようです。
外見と中身は違うということでしょうね。


21日は2回目のゆうゆうの館演奏です。
曲目等をコンサート情報の欄に乗せておきました。
5月の自分のコンサートで、「故郷」のリクエストがあったから、
今回は「故郷」を弾きたいと思います。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年08月10日
同窓会

中学校の同窓会に行ってきました。
ずっと仲良しの友と一緒に会場へ

小学校から一緒だった友達はさすがに面影は忘れていなかったけど、ずいぶん皆
大人になっていてすぐには解りません・・・が、しゃべるとしぐさや面影がちっとも変ってなくて
なんだあと種明かしされたみたい。

遠い記憶は、霞んでいて・・・また美化されているような気もしましたが(笑)

素朴で、純粋?で音楽に満ちていた毎日を思い出します
受験勉強そっちのけで楽器であそんでいたような・・・

来てくださった先生方のお話で、ちょっと心に響いた言葉を書いてみます


健やかなるものは  ゆっくりいく

ゆっくりいくものは  遠くまでいく

ユックリな私には、とてもありがたきお言葉でした
そして、この先生にも叱られたことを思い出しつつ、矢張り先生にはかなわないなと・・・

変わらない友情に感謝しつつ、帰途に就いた私でした


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年08月02日
しあわせ運べるように

「しあわせ運べるように」
この本、知っていますか?
「神戸から東日本へ、そして日本中へ復興のシンボル曲」
という副題が付いています
本屋で、手にとってすぐ買ってしまいました。

付いているCDをかけてみると、子供たちの歌声が肩のあたりに響いて、泣けてきます。

「しあわせ運べるように」
この音楽も、降りてきた曲・・・・なんだろうなと、おこがましくも思ってしまいます。
本の中で、「音楽の神様」と書いてあったのですが、ほんとうに音楽の神様ミューズが
降ろしてくれたものとすぐにわかります。
それはきっと、沢山の人が解ると思います

「風のいのち」・・・私の一番苦しい時に降りてきた曲
お母さんと子供たちと保母さんと友達と紡いできた曲
きっと誰かを少し、幸せにした曲


もう一度原点に戻って、
そしていつも子供たちと共に・・・・


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年08月01日
リュウゼツラン
201108010904283109.jpg珍しい花を見てきました。
40年に1度咲くかどうかという龍舌蘭

アスパラのようですが、家の高さほどあり咲き終わると枯れてしまうそうです

蝉とかなブンとミツバチが沢山止まっていて、近寄ると一斉に逃げて行ってしまいました

花は黄色、私はまたもや横にシャメしてしまった・・・

何とも分かりにくいアングル・・・わかりますでしょか?

この時、何人かの漫画家さんたちと観てきたのですが、初めて筆談を経験しました。
描いては消せるボードには、この草が甘いかどうかの質問が書いてありました。

説明ではテキーラの原料だそうですから、きっと甘い樹液なんでしょね。
耳が聞こえなくてもすぐ甘いかどうかの質問をされて、感心しました。

ふんわりした時間ふんわりした人達と珍しい花を連れだって見に行く・・・
天国の時間があるとすれば、こういう時間の事かしら

次40年後、1生に1度見れればラッキーかな。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています