2011年03月22日
震災と音楽
2011032211581225116.jpg先日ギターの会に行って少しだけオリジナルの曲を弾いてきました。

この日は、演奏者の気持ちも震災に寄せて何かできることをという方たちが多く、震災のあった地域の子供たちのための義援金が集まりました。

先日のアンジェロヴァレンタインコンサートでも協力していただいたアフガン支援の募金活動が、今被災地支援となったそうで沢山の人の心を1つにしている気がします。

因みに画像は音楽仲間の2人。音楽を通じて私たちにできること。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年03月17日
淡々〜タンタン〜ま〜え

昨日、震災のあった宮城の友人から自宅に電話がありました。
電気もガスも車も使えなかったようでしたが、元気だったのが何より。

やっと電気が使えるようになったので、テレビを付けたらあまりの惨事に心を痛めたそうです。

不安定な状況の中を、心1つで元気にもなれるのだと感心しました。

原発や火事のような火の災害と津波という水の災害。

テレビに映った、施設の屋上の「水」という大きな文字が印象的でした。
多くの犠牲を出したその水が、私たちにとって大切な物。

あったかいお風呂にもまだ入れていないそうで・・・

当たり前のことが、そうではなかったと感じます。

冷静さをもって、今自分のできることを穏やかにしていく。
そういう心をもって過ごせたらいいですね。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年03月13日
震災によせて
大変な惨事となった今回の東北の震災です。

友人の安否を気遣いつつのアンサンブルとなりました。

日本列島が大揺れしているような・・・・

こんな時大切なのは矢張り1日1日を大切に、感謝と共に生きるということでしょうか。

何でもない毎日は、貴重な1日の積み重ねだったとつくづく思います。

どんな時も、穏やかで過ごせるようにアンサンブル・・・安らぎが散らばって降るように・・・

お亡くなりになった多くの方のご冥福をお祈り申し上げます。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年03月09日
贈り物
コンサート三昧などというタイトルを付けたせいか、昨日は急きょコンサートチケットが手に入り
行ってまいりました。

佐渡裕さん指揮BBCフィルwith辻井伸行さん


全盲でいらっしゃるにもかかわらず、社会と人々と関り、喜びを持って生きていらっしゃるノブさん。
そのピアノの生音は、何色もの色の音と、泡立ちのような動きなど精妙な表現力を感じます。

どこまでも透明で澄んでいるピアノに敬意をこめて拍手。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年03月06日
コンサート三昧
昨日は、2つのコンサートに掛け持ちで出かけて行きました。

1つ目は、「SALIDA」CD発売記念コンサート
1年ほど前にアルパ奏者の奥村 陽子さんに楽曲を依頼されて創った曲。「船出」が
「SALIDA」という名前になって。CDのタイトルにもしていただきましたが、
コンサートの題名にもなっています。

この曲は、eric倉地さんがギターのアレンジをしてくれて、先日ヴァレンタインコンサートで
「船出の時」として一緒に弾いていただいたばかり・・・

軽快なパラグアイの音楽や、ルンバ、ポルカ、Jpopにまざって演奏していただきました。
美しいヴァイオリン奏者さんとパーカッション奏者さんにバックを支えてもらって、
いい曲に編曲されています。お客さまと私の体温が少し上がったような、温かいひと時でした。

食事をしてから愛知芸術文化センターに・・・

生徒さんの所属する、大学の学生オケの記念すべきコンサート。
何故かというと、4年生で卒業というわけでメンバーとお別れの最後のコンサートだったんですね。
責任ある役を果たして、自信に満ちたいい顔して弾いてました。

アンコール曲・・・シベリウスの曲でしたけど
女の子達?の目に涙ぽろりん〜笑顔作ったり〜あらら
涙って伝染しちゃうんですよね。
しかも、演奏はそのままいいボーイングで弾いてます。底力を魅せてもらったり・・・
指揮者さんも観客も演奏者も1つになって・・・

こういう演奏会って、神様が降りてきたようなコンサートって言われますね。
いいコンサートでした。お客様にも十分伝わってましたよ。
いいなあ、若いって。

応援に来てくれた生徒さん達、ありがとうございました。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2011年03月04日
紙の遊び

おはようございます。

昨日はおひなさま、桃の花と雛あられ、5段飾りのうちのお雛様とお内裏様だけのお人形さんを飾りお祝いしました。

高校生のころ、空き時間に色紙でお雛様を折るというのが流行って何体も折っていたことがありましたが、まだ折れるのかしら・・・・?

手作業っていいものですね。

切り紙をしたり、折り紙をしたり、カードを作ったり・・・おうちで出来る楽しい遊び。
2,3,4、才ごろの子供さんにも、細く長く切った紙とハサミを与えてあげると1ストローク
で紙を切って面白がります。

それを集めて、画用紙に張ってあげたり、包装紙の上に播いて音楽に合わせて揺らしたり
いくつも丸型を創って、何かの形にしたり・・・・
子供さんとの遊びは無限に広がります。

それはまた子供さんの感性を養う大切なこと。
まず、お母さんから。折り紙で何ができるか・・・・楽しんでみましょ!


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています